e-Jan Networks Presentse-Jan!WorkStyleBlog e-Jan About
Category Working Telework Living Leisure etc

開発部門にインタビュー!テレワークで変化した仕事とプライベートのカタチ

2020年春先の新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに、e-Janネットワークス(以下、e-Jan)は、全社員がテレワークを基本とする働き方に移行しました。 今回は、開発部門のマネージャーのKさんに、生活や業務のスタイルの変化についてお伺いしました。

20210115-20210115.png


=================

■■ライフスタイルの変化について■■

4月から本格的にテレワークが始まり、生活が大きく変化しました。テレワークをして個人的によかったことを挙げていきます。

・睡眠時間を十分に確保できるようになった
これは、私にとってはすごく大きなことです。オフィスに出社している時は退社時間が遅くなった時も、帰宅後にどうしても自分の好きなことをする時間を確保したかったので、睡眠時間を削っていました。テレワークにより通勤時間がなくなり、現在は十分な睡眠時間を確保できています。

・疲労感が抜けた
睡眠を十分にとれていることで、体調不良を起こす回数も減りました。

・家族との時間が増えた
テレワークになり、家族と食事をとり、お風呂に入り、一緒に寝ることが当たり前になりました。が、以前は私は家にほとんどいない状態でしたので、当たり前の状況がすごく幸せに感じます。

・妻や子供への感謝が増えた
仕事している間の家族の生活を見ることができるようになりました。普段妻がこんなに家事をしてくれている、会議中などは子供たちが部屋に来ても、静かに退出してくれる。食事などの手伝いもしてくれている。テレワークだからこそ、家族のいい所を見る機会が増えて、いい所をたくさん見れるようになりましたね。

・集中できる時間が増えた
現在は私の部屋で1人で机に向かっているので、集中できるときはとことん集中できます。その分、集中しすぎて1人の世界に入り込みすぎないよう注意が必要ですが。。

・思った以上にコミュニケーションに困らない
テレワーク開始当初は、コミュニケーション不足によるトラブル発生などの懸念はありましたが、意外とコミュニケーションには困っていません。現在は Discord を使っているので、開発部門のメンバーとのやり取りは本当に困りません。他のグループの人でも必要に応じて Zoom でやり取りをするので、個人的には問題なしですね。むしろ、困ったことやわからないことは小まめに聞けるようになった気がします。

他にもよかったと感じることはありますが、以上が特によかったと思った点です。


■■業務上のコミュニケーションについて■■
リーダーのYさんから、テレワークで生じたコミュニケーション上の課題を解決するために、チャットツール「Discord」を以下のように活用しましょうということで、推奨アクションと注意事項といったルールを設定しました。
-----------
・課題
* 気軽に同僚に声がかけられない
* 社員同士のつながりが減る
* いつでも簡単に同僚に話しかけられる環境
* 孤独感を感じる人が出ない環境
* 雑談が生まれる環境

・推奨アクション
* 勤務時間中は Discord のどこかのボイスチャンネルに参加する
* 話すとき以外マイクはオフ、イヤフォンは集中するとき以外オン

・注意事項
* 機密情報を Discord で扱わないこと。
-----------

また、e-Jan社内では殆どのWEB会議を Zoom で行っていますが、開発部門では Zoom と Discord と併用しています。

Zoom を使う時は、下記の2パターンです。
* 開発部門以外の人が会議に参加する場合
* クローズドな会話をする場合

それ以外は基本 Discord です。主に下記のような場面で利用しています。
* 部内やプロジェクト内のMTG
* 困ったことがあったり、何かパッと確認したとき

Discordは、オフィスにいる時に席に行って相談する感覚で使うようにしています。基本的には皆さん Discord のどこかの部屋にいるので、会話したい人がいる部屋に訪問して「どこそこで、○○の件について話がしたいので来てください」と呼びかけて参加してもらう流れです。Zoom だとミーティングを開いて参加してもらうのにも、メンバーを招待したり、チャットしたりして手間がかかっていましたし、招待される側も突如招待されるのはドキッとすると思いますが、それらの課題が Discord によって解決しました。


■■今後もテレワークを上手に続けていくには■■
メリットも多く享受したテレワークですが、一方で、今後もテレワークをうまく続けていくために必要だと感じた点としては、以下のようなことです。

・規則正しい生活をする
例えば、オンオフの切り替えや通勤しないことで落ちた体力を戻すために運動を習慣づけることが必要だと感じています。

・楽しみを作る
大きなメリットを感じつつ、昨年までの"日常"とはかけ離れた生活をしているので、ストレスを感じていると思います。やはり、この環境下で楽しめる何かを見つけることが大切だと感じました。

・周りに頼る
オフィスにいるときと大きく違うのは、相手の状況を肌で感じることができないので、自分から上司や同僚に相談して巻き込んでいくことが大事だと思いました。


このような状況だからこそ、周囲の人への感謝を忘れずに日々過ごしていきたいものです。


=================

Kさんの家族や周囲の人への愛あるまなざしを感じるお話でした。また、Kさんの部門の取り組みが、テレワークでの業務上のコミュニケーションでお悩みの方に参考になれば幸いです。