e-Janネットワークス採用情報サイト

e-Janネットワークスの開発

e-Janネットワークスは法人向けマルチデバイスプラットフォーム「CACHATTO」を10年以上にわたって自社で開発・販売している会社です。

開発担当役員メッセージ

楠木 慎二

e-Janネットワークス
開発担当役員

楠木 慎二

ごあいさつ

このページをご覧の皆さん、弊社ホームページにアクセスいただき、有難うございます。
e-Janネットワークス株式会社の企画・開発センターを担当する楠木(くすき)です。

企画・開発センターは当社製品の機能要件の実現方法検討から詳細設計、プログラミングを担う開発部門、製品企画や仕様検討、UIデザインを担当するプロダクトマネジメント部門、そして製品の市場へのプロモーション、イベント、Webマーケティングを行うプロモーション部門で構成されています。(2019年4月時点)

当社は株式会社東レのスピンアップとして創業して今年で20年目。代表する製品「CACHATTO」は「携帯電話で社外から会社のメールの読み書きを安全にできる」というリモートアクセスサービスに端を発し、基本コンセプトを継承しながら、時代の変化と市場からの要請に応えて機能拡張を重ねてきました。
対応端末は携帯電話からスマートフォン、タブレット、PC、Macと拡大し、連携するシステムもメールだけでなくファイルサーバー、グループウェア、クラウドサービスにも対応。dog yearと揶揄されるIT業界で10年以上に渡り変革を重ね、「テレワークプラットフォーム」と呼ばれる製品へと変貌しています。
その結果として、現在は1000社を超える企業の「働き方改革」を支えるサービスとしてご利用いただいています。

開発職を希望される方へ

さて、ここからは、当社の開発部門について少し掘り下げてご紹介しましょう。
スタートアップであった当社が、ここまで多くの企業、官公庁でご利用いいただけるようになった当社の最大の強みは、製品開発のアジリティ(敏捷さ)とフレキシビリティ(柔軟さ)にあると考えています。
お客様からの要望や市場動向を捉え、迅速に開発、リリースするというサイクルを短いスパンで繰り返す当社のスタイルは、ウォータフォール型のソフトウェア開発では対応できないものです。
さらに日本の市場と海外市場では、インフラの普及度、文化的な背景、経済状況など環境は国によって様々ですから要望は相反することも珍しくありません。

そのため、当社エンジニアには単に「仕様を元に淡々とコーディングを行う仕事」ではなく、「要件を元に自らが調査工夫し、関係者で討議した上で設計とプログラミングを行う」スキルが求められます。
さらには開発した内容を自らに問い、より良く改善していく姿勢も必要とされています。各エンジニアの自律的な行動が協調してひとつのゴールに向かって集約していくことで製品をリリースできているのです。

これら開発スタイルを支える当社の優秀なエンジニア達は、相互に切磋琢磨することで、より良い製品づくりにもつながっています。
また、エンジニアは出身国もバラエティに富んでおり、開発部門における日本人比率は5割以下。日常的に複数種の言語がオフィス内で交わされているという国際色も豊かな環境でもあります。この環境が当社の海外展開にもプラスとなっている事は想像に難くありません。

私達は、一緒に働く仲間を広く募集しています。製品企画から開発まで、国際的かつバラエティに富んだメンバー達と共に働くことで、大きな会社では決して経験できない、様々なことを通じ、自らのエンジニアリングスキルを高められる機会を得られるでしょう。

皆さんからのコンタクトをお待ちしています。