プレスリリース

e-Janネットワークス、令和元年度「テレワーク先駆者百選」に選定

2019年11月25日
e-Janネットワークス株式会社

テレワークプラットフォーム「CACHATTO®」(以下CACHATTO)を開発・提供するe-Janネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:坂本史郎 / 以下、e-Janネットワークス)は、総務省が実施する「テレワーク先駆者百選」において、テレワークの導入・活用に十分な実績を持つ企業として選定されました。


e-Janネットワークスでは、かねてより社員が柔軟に働ける環境づくりに取り組んでおり、その一環として自社製品CACHATTOを中心としたテレワーク環境を整備してきました。

本年のテレワーク・デイズ2019においては、その取り組みを一層深めるべくプロジェクトチームを結成、期間中の社員テレワーク実施率100%※1を目標として取り組みました。プロジェクトでは社員が手軽にテレワークで働けるよう、各方面で改善に取り組み、社内規程の整備をはじめとして、在宅勤務者向け貸し出しPCやモバイルルーターの配備、社員に対する啓蒙等を実施。期間中のテレワーク実施率98.8%を達成することができました。

また、テレワーク時の長時間労働を防ぐための取り組みとして、CACHATTOの利用時間制御機能を活用し、社員の業務システムへのアクセスを時間帯によって制限するといった対策もあわせて実施しています。

弊社では、引き続き業務効率の高いテレワークを全社で継続的に実施することを見据え、テレワーク推奨日の設定など、さらなるテレワークの定着に向けた取り組みを進めるとともに、これらの活動を通じて得られるテレワークに対する知見を製品開発に反映してまいります。

■テレワーク先駆者について

テレワーク先駆者とは、総務省が平成27年度(2015年度)から、テレワークの普及促進を目的として、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」及び「テレワーク先駆者百選」として、外部有識者による審査会で選定しているものです。テレワーク先駆者百選の選定条件としては下記の通りです。

  • 対象従業員が常時雇用する人の25%以上(小規模事業者は50%以上)
  • 対象従業員の50%以上又は100人以上が実施
  • 実施者全体の平均実施日数が月平均4日以上
  • テレワークにおける長時間労働防止対策がある
本年度は、32団体が「テレワーク先駆者百選」として選定されました。

<総務省による報道発表について>
 令和元年(2019年)11月1日 総務省発表「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」等の公表
 URL:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000255.html

■「CACHATTO」について

e-Janネットワークス株式会社が提供する「CACHATTO」は、2019年10月時点で1,100社53万人を超えるユーザーが利用する法人向けリモートアクセスサービスです。スマートデバイスやPCなどのマルチデバイスに対応し、セキュアブラウザでのモバイル利用から、テレワークに適したリモートデスクトップ接続まで、データを端末に残さないセキュリティを一貫して実現しています。リモートアクセスを統合的に認証・制御できるテレワークプラットフォームとして、企業・官公庁での採用が進んでおり、「スマートデバイス用リモートアクセスツール」市場および「セキュア・ゲートウェイ/ブラウザ」市場においてトップシェアを占めています。

<製品情報サイト>
 URL:https://www.cachatto.jp/

■e-Janネットワークス株式会社について

e-Janネットワークス株式会社は、東レ株式会社のベンチャー支援制度の第1号として2000年3月に設立されました。『テレワークにセキュリティを』を標榜し、テレワークプラットフォームCACHATTO及び関連製品の企画・開発・販売・運営を中心として事業を展開しております。

<会社情報>
  • 代表者名:代表取締役 坂本 史郎
  • 従業員数:93名(2019年10月1日現在)
  • URL:https://www.e-jan.co.jp/
このページのトップへ