プレスリリース

テレワークツール市場シェアNo.1「CACHATTO」
スマートデバイスをハードウェアトークンとして活用するログイン機能をリリース

2019年9月27日
e-Janネットワークス株式会社

e-Janネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:坂本史郎)は、テレワークプラットフォーム「CACHATTO」をメジャーバージョンアップし、新たなログイン機能として「CACHATTO SmartLogin」(以下、SmartLogin)に対応したバージョンV6の提供を10月より開始します。

「SmartLogin」は、CACHATTOで認証されたスマートフォンやタブレットをハードウェアトークン※1として活用し、PCのCACHATTOへのログインを容易にします。CACHATTOにログインしたスマートフォンアプリで、PCのCACHATTOアプリケーションに表示される二次元コードを読み取るだけでPCは自動ログインすることができます。
利用するPCにはIDやパスワードといったログイン情報の設定が不要で、スマートデバイスの生体認証をログインに活用することもできることから、PCでのテレワーク環境をより手軽でセキュアに実現します。

■CACHATTO SmartLoginイメージ



テレワークの推進においては、外出先で仕事をする「モバイルワーク」だけでなく、外部施設で仕事をする「サテライトオフィス勤務」や育児・介護などを理由に自宅で仕事をする「在宅勤務」までカバーすることが求められています。これらへの対応に加えて、「SmartLogin」機能により、台風や列車のトラブル等、出社することが難しい状況においても、CACHATTOによる突発的なテレワーク対応を可能にし、自宅にある個人所有のPCでも安全に業務を行うことができます。

この「SmartLogin」機能は、10月より提供を開始するCACHATTOの新しいメジャーバージョン「CACHATTO V6」に搭載され、既にCACHATTOご利用中のお客様は、無償でアップデートいただけます。また、新機能に対応したPCおよびスマートデバイス(スマートフォン、タブレット)向けアプリケーションの新バージョンも併せて10月より配信を開始いたします。

e-Janネットワークスは「CACHATTO」により、安全なテレワークの実現による「働き方改革」の促進を、引き続き強力に支援してまいります。

■「CACHATTO」について

e-Janネットワークス株式会社が提供する「CACHATTO」は、2019年7月時点で1,100社51万人を超えるユーザーが利用する法人向けリモートアクセスサービスです。スマートデバイスやPCなどのマルチデバイスに対応し、セキュアブラウザでのモバイル利用から、テレワークに適したリモートデスクトップ接続まで、データを端末に残さないセキュリティを一貫して実現しています。リモートアクセスを統合的に認証・制御できるテレワークプラットフォームとして、企業・官公庁での採用が進んでおり、「スマートデバイス用リモートアクセスツール」市場および「セキュア・ゲートウェイ/ブラウザ」市場においてトップシェアを占めています。

<製品情報サイト>
  URL:https://www.cachatto.jp/



■e-Janネットワークス株式会社について

e-Janネットワークス株式会社は、東レ株式会社のベンチャー支援制度の第1号として2000年3月に設立されました。『テレワークにセキュリティを』を標榜し、テレワークプラットフォームCACHATTO及び関連製品の企画・開発・販売・運営を中心として事業を展開しております。

<会社情報>
  • 代表者名:代表取締役 坂本 史郎
  • 従業員数:87名(2019年4月1日現在)
  • URL:https://www.e-jan.co.jp/
このページのトップへ