プレスリリース

e-Janネットワークス、Splashtop for CACHATTOの機能を強化
~「働き方改革」により需要が拡大、市場要望を反映~

2017年8月30日
e-Janネットワークス株式会社

e-Janネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:坂本 史郎/以下、e-Janネットワークス)は、「CACHATTO」のオプション製品であるリモートデスクトップソリューション「Splashtop for CACHATTO」の好評を受け、市場での要望や機能強化を反映した新バージョンを今秋リリースいたします。

CACHATTOの機能強化オプションとして昨年9月より発売を開始したリモートデスクトップソリューション「Splashtop for CACHATTO」(以下Splashtop)は、軽快なレスポンスと導入の容易さを高く評価いただいており、さらに、昨今の働き方改革を背景としたテレワーク用途でのご利用が増加していることから、導入企業が急速に拡大しています。それを受け、e-Janネットワークスではお客様からのご要望を反映し、Splashtopをマネジメントとセキュリティの両面からさらなる機能強化を図ることを発表いたします。

今般の機能強化は、在宅勤務やシェアオフィス利用など多様な働き方が拡がる中で、企業の運用負荷・労務管理・セキュリティリスクの課題を軽減することを主眼としております。

■機能強化の概要

① 接続先端末共有機能

従来、リモートデスクトップ接続では、社外から接続する端末(PC)を利用者の人数分、社内に配備する必要があり、IT管理者にとっては、その導入と運用の負荷が課題となる場合がありました。今般対応の「接続先端末共有機能」により、接続先の端末をグループ化し複数ユーザー間で共用を可能とすることで、端末の必要台数を節減し、導入コストと運用負荷を低減できます。

▼従来の運用形態(ユーザー数分の接続先PCが必要)


▼接続先端末共有時の運用形態(接続先PCをグループ化し共有(ユーザーは空いているPCを選んで接続))

② 労務管理機能

CACHATTOで好評の「労務管理機能」がリモートデスクトップソリューションでご利用できるようになりました。ユーザーのSplashtopによるログインを日付・曜日・時間帯単位で制限することで、社外での社員の労働時間の管理に役立てることができます。

③ スクリーンショット防止機能

セキュリティの機能の強化の一環として、スクリーンショットの撮影防止機能を従来のAndroid端末に加え、Windows端末、iOS端末にも対応いたします。情報漏えいリスクを下げることができ、より安全にリモートデスクトップをご利用頂けます。

e-Janネットワークスでは、テレワークプラットフォームとして皆様のワークスタイル変革を支援する製品の提供・強化に今後も積極的に取り組んで参ります。

■「CACHATTO」について

e-Janネットワークス株式会社が提供するCACHATTOは、2017年8月現在で940社40万人を超えるユーザーが利用する法人向けリモートアクセスサービスです。

CACHATTOはスマートデバイスからPCまでマルチデバイスに対応し、セキュアブラウザでの軽快なモバイル利用から、テレワークに適したリモートデスクトップ接続までデータを端末に残さないセキュリティを一貫して実現。リモートアクセスの統合プラットフォームとして企業・官公庁での採用が進んでいます。

<製品情報サイト>
URL:https://www.cachatto.jp/

■Splashtop for CACHATTO 製品情報

URL:https://www.cachatto.jp/link/sfc/

■e-Janネットワークス株式会社について

e-Janネットワークス株式会社は、東レ株式会社のベンチャー支援制度の第1号として2000年3月に設立されました。『テレワークにセキュリティを』を標榜し、テレワークプラットフォームCACHATTO及び関連製品の企画・開発・販売・運営を中心として事業を展開しております。

<会社情報>
  • 代表者名:代表取締役 坂本 史郎
  • 従業員数:67名(2017年4月1日現在)
  • URL:https://www.e-jan.co.jp/
このページのトップへ